CRI_IMG_6005-thumb-815xauto-15274

早起きとダイエット

早起きするようになって、最初は考えていなかった良いことがありました。
それは、体重が減ったということです。
といっても、なにか特別なダイエット方法を試したわけではありません。

自分のダイエットに無理やりタイトルを付けるのならば
「生活スタイル改善ダイエット」ということになるのでしょうか。

生活スタイルを朝型にしたことにより、いろいろな健康面でのメリットが
あった結果として、体重が減ったということです。

まず食事面ですが、早起きするようになって一番変わったのは、
「朝食をしっかりと食べるようになった」ということです。

また、夜更かししていた頃と比べると、
一日三食を規則正しく決まった時間に食べるようになりました。
ダイエットに朝食が重要なのはよく知られていますよね。

夜更かし生活で朝食を抜いてしまうと、そのしわ寄せが夜の食事に及んでしまいます。
よくお相撲さんが太る理由に一日二食の食事スタイルが挙げられます。

同じ分量を食べるなら小分けにして何度も食事をする方が太りにくく、
逆に少ない回数で大量に食べると太りやすくなります。夜型の生活の場合、朝の食事を抜いた分、
昼と夜にドカ食いしてしまうことが多く、結果として非常に太りやすくなってしまいます。

また、朝食べない分、深夜に夜食をいっぱい食べてしまう危険性もあります。
夜更かしをしていた時のわたしの食生活はまさにこのようなものでした。

しかし、早起きをして朝に時間的な余裕ができたので、朝食を食べるようになると、
まったく食生活が一変しました。

間食をしなくなる

朝にしっかりと食事を摂ると、お昼までお腹がすかないので、間食をしなくなりました。
これまでは昼食まで空腹が我慢できず、ついついお菓子などに手が伸びてしまっていました。
その結果、昼食や夕食も規則正しく食べるようになり、ドカ食いもなくなりました。

また、朝食というのは夕食に比べて、食べたものが脂肪として身体につきにくいそうですね。
朝に摂取したエネルギーは脳の活動のためにまず使われるということで、
仮に朝と夜に同じ物を食べたとしても、朝の食事は太りにくいということなんだそうです。

こういった理由から、特に特別にダイエットをしたわけでもないのに、
体重がだんだん減っていったというわけです。

その他には、最近始めたウォーキングも効果があったと思います。
わたしが早起きを決意した理由の一つに運動不足を解消したいという考えがありました。
というのも、運動不足がたたって、今年の定期健康診断でコレステロール値などが
少しオーバーしてしまったからです。

お医者さんからは、「少し運動すれば改善できる」と言われたので、
薬などが必要となる前に対策をしておこうと思ったからです。

今は天気の良い日は1時間ほど早朝ウォーキングをし、
雨や風など悪天候の日にはストレッチやヨガのようなことをしています。
その結果、約半年で12キロほどの減量に成功したので、
血液検査の数値が改善しているか楽しみです。