AXI88_asahiwoabirumo15202842-thumb-815xauto-16075

早起きのメリット

これまでは早起きできない人のために、早起きするためのコツ、
夜早く寝るために心がけることなどについて見てきましたが、
ここからは「なぜ、早起きするのか」について見ていきたいと思います。

私が早起きを勧めるのは、早起きにはメリットがたくさんあるからです。
ことわざで「早起きは三文の得」という言葉もありますが、昔の人たちも、
早起きには良いことがあるということを経験として感じてきているのです。

最近では科学も進歩し、早起きが実際にメリットが大きいことが証明されてきています。
そこで、ここからは早起きがもたらす効果について詳しく見ていきたいと思います。

まず、早起きのメリットとして、
「 気持ちよく朝を迎えることができる」ということがあります。
なんだか抽象的かもしれませんが、実際に早起きしてみるといろいろと
「早起きして良かった」と幸せに思う瞬間に出会うことができます。

朝日を見てすっきりしよう

たとえば「朝日」。
私は朝早く起きて、天気の良い日には日の出前から一時間ほど
ウォーキングをして軽く汗を流すのが日課になっています。

そして、ウォーキングに出た日には毎日朝日が登るのを目にするわけですが、
「太陽ってこんなにキレイだったっけ?」とびっくりします。

朝はまだ人があまり活動していないということもあって、ホコリなどが舞っていなく、
空気がきれいだからかもしれませんが、朝日が登る少し前から地平線の辺りから
少しずつ周囲が明るくなり、真夜中の真っ暗だった空がだんだんと明るい青色に変わっていき、
その後明るく鮮やかな色彩の太陽が空に現れるのを目にすると、
「なんて素晴らしいんだろう」と、単純に感動できます。

よく富士山などで御来光を拝みに登山する人がいますが、
朝日になにか神の力のようなものが宿っているという感覚はたしかにあります。

夜型の生活をしていた時には朝日を見るなんてことはまずありませんでしたが、
いざ、早起きして朝日をじかに見ると、昼間の太陽とはちがうものがあるという感覚は
たしかに感じられます。キレイな朝日が出ると、何となく手をあわせて
拝んでしまいたくなる気持ちも、早起きしてみると納得できます。

心が穏やかになる

また、早朝は心が穏やかなためなのか、人に優しくなれるような気がします。
たとえばウォーキングをしていると、毎日決まった人に会うことがあります。
そうすると、何となく顔見知りになって、そこからあいさつをするようになり、
だんだんと親しくなることがあります。

これが不思議なことに他の時間帯ではそうは行きません。
毎日出勤する時に同じ電車の車両に乗り込む人が何人かいますが、
そういった人と挨拶をしようとする気にはなれません。
これも朝という素晴らしい環境のなせる技なのかもしれません。

このように、早起きすることで気持ちに余裕みたいなものが生まれ、
自然に感謝する心や、人や物にやさしくなれる気持ちというものは、
間違いなく強くなると思います。

なにか直接的に特をするというわけでは無いので
とても抽象的に感じる方もいるかもしれませんが、
早起きのお陰で何か自分が成長できるのではないかと感じさせてくれます。