YOU2_DSC_0938-thumb-815xauto-19596

成長ホルモンと健康

寝る子は育つという言葉がありますが、
これは成長ホルモンに基づいたしっかりとした考えで、
実際よく眠る子どもは身長が伸びやすくなります。

では大人はどうでしょう?
よく眠れば確かに気持ちはすっきりするけれど、
夜更かしすることも仕事の都合で
どうしても仕方がないという人も多いのではないでしょうか?

しかし成長ホルモンは大人になっても分泌され続けるもので、
単にそれが身長や骨格という所に向かわないだけで、
実は健康のためにはとても重要なホルモンなのです。

一通り成長が終わってしまった後でも
分泌され続けているのですから使わなければ損ですよね。
しっかりとした知識を身につけた上で、成長ホルモンを上手く活用すれば、
あなたは健康な体を維持する事が出来るのです。

たとえば成長ホルモンの効用として、基礎代謝量を上げるというものがあります。
基礎代謝といえば、ご存じの通り汗をかきやすくして脂肪を分解したり、
カロリーを消費する機能の事ですから、要するにしっかりと眠れば
ダイエットをしやすい体に慣れるということなのです。

それだけでなく人間は朝が一番カロリーを消費しやすいように出来ていますから、
成長ホルモンの分泌されやすい早い時間に眠った上で、早起きをしてダイエットを
効率よく行えるようにするという一挙両得が出来てしまいます。

成長ホルモンと睡眠

ではどれくらいの時間に眠れば、成長ホルモンは分泌されやすいのでしょうか?
それは夜十時から二時までです。

眠るには早すぎると思われるかもしれませんが、考えてみれば子どもが
眠る時間は早いですから、幼いころからの習慣が根付いているということも出来るでしょう。
もちろんこの時間にさえ眠っていれば、多少なりとも成長ホルモンは分泌されるわけですから、
せめて一時には寝て少しでもホルモンの分泌を促した方が翌日の備えにもなってお得ですよね。

とはいえ眠る時間がどうしても遅くなってしまって
成長ホルモンが少ししか分泌されないという方もいるでしょう。
それならば成長ホルモンを分泌されやすいような体を作ってしまえばいいのです。
アルギニンは体の細胞を作る働きをするため、成長ホルモンの分泌を助けてくれます。

そのためこのアルギニンを多く含んでいる食品、
たとえば納豆や豆腐といった大豆製品、肉やゴマなどを積極的に摂取しましょう。

体の細胞を作る働きと聞いてピンと来た人もいるのではないでしょうか?
成長ホルモンは肌の細胞を作り変えてくれるので、肌を若々しく保つ効果も併せ持っていて、
しかもそれだけではありません。

筋肉を作る働き、老化を食い止める働き、免疫を作る働きと言った具合に、
成長ホルモンは万能なのです。寝る子は育つと最初に言いましたが、
寝る大人は健康になると言えるほどに成長ホルモンは私たちの健康を作り上げてくれます。
そのためにもしっかりと眠って成長ホルモンを上手に分泌させ活用しましょう。