壁に取り付けられたエアコン

夏場の正しいエアコンの使い方

太陽が空にのぼっている様子ここ数年、過去に例のないほどの強烈な猛暑が毎年のように発生しています。
しかしエアコンを24時間つけっぱなしにするというのは電気代が気になるところですし、夜中の少し気温が下がった時にまでつけたままになることで体が冷える危険もあるでしょう。

タイマーをつけてから寝るにしても、何時間くらいまでなら睡眠の邪魔にならないかわかりにくく、朝になって汗びっしょりで目覚めるなんてこともあります。
そこで真夏の盛りにこそ試してみたい、効果的なエアコン活用方法を紹介していきます。

まず便利なエアコンですが、ずっと低い温度でつけっぱなしにしていると体が冷えすぎてしまい、疲れがよく取れないということが起こります。
いわゆる「クーラー病」と言われるもので、オフィスで16℃くらいに設定された室内で一日過ごしたあとなどによく感じる症状です。

起きて人が動く昼間の時間帯に比べ、人の出入りが少なくまた外気温も若干下がる夜間においては昼間のようにガンガンにクーラーをかける必要はありません。
寝る前にクーラーを設定するのであれば27~28℃くらいにしておき、その中で活動をするにはちょっとだけ暑いかなと感じるくらいにしておきましょう。
最新型のクーラーになると、就寝時間から少しずつ温度が高くなっていく設定にすることもできるので、そうした機能も上手に使っていきたいところです。

これまでエアコンは睡眠に入るまでつけておき、夜中は自然に切れるタイマー設定をするというのが一般的でしたが、近年の猛暑では最も温度が下がる時間帯ですら30℃以上になるということも珍しくありません。

そうなると結局夜中に暑さで目を覚まし再びクーラーをつけなおすということにもなりますので、一日の最低気温が28℃以上になるようなら一晩つけっぱなしにしておいた方が快適な睡眠ができます。

気になる電気代ですが、クーラーの電力は起動をしてから設定温度にまで下げるときに最も多く消費し、一旦その温度に達してからそれを維持する時はそれほど多く電力はかかりません。
なのでこまめにつけたり消したりする方がエアコンの電気料金は高くなることになるのです。

頻繁に付けたり消したりするような環境であれば、いっそのことつけっぱなしにしておいた方が総合的な料金は安くなります。

夜間にエアコンをつけるときの注意点

エアコンには冷房と除湿の2つのモードがあります。
日本の夏は湿気が多くムシムシしているので、除湿をすることにより室内をからりと過ごしやすくしてくれます。

ですが睡眠中に除湿をしてしまうと空気が乾燥してしまい、体感温度が低く感じられるようになってしまいます。
寝るときにつけたままにするのであれば、除湿ではなく冷房設定にしておいた方が健康的にはよいのです。